教育情報の公表

教育研究上の基本組織に関すること

組織図
教員組織
教員組織、教員の数並びに各教員が有する学位及び業績に関すること。

入学者の数、収容定員及び在学する学生の数、卒業又は修了した者の数並びに進学者数及び就職者数その他進学及び就職等の状況に関すること

各学科に関すること(3つのポリシー)

アドミッションポリシー(入学者受け入れ方針)
入学者に関する受入方針及び入学者の数、収容定員及び在学する学生の数、卒業又は終了した者の数並びに進学者数及び就職者数その他進学及び就職等の状況に関すること。
看護学部 看護学科

看護学部は「愛と奉仕」の建学理念をもとに、豊かな教養と人間愛を備え、科学的思考法と専門的知識・技術を体得し、社会的に信頼される看護専門職者を育成することを教育目的とする。

この目的を実現するため、教育課程編成の主要概念を「人間」「健康」「社会」「環境」「看護」とし、共通教育科目と専門教育科目に大きく区分されたカリキュラムをもとに、あらゆる人に質の高い看護を提供できる看護専門職者の育成を目指す。

こうした観点に立ち、本学部では次に掲げるような人を望ましい学生像とし、積極的に受け入れたいと考えている。

  1. 看護学に関する専門的知識・技術を学び、将来看護専門職として活躍したいという意欲のある人
  2. 人間を愛し思いやりと優しさをもって、あらゆる人々とコミュニケーションがとれる人
  3. 社会状況の変化に対応し、専門職業人として生涯にわたり積極的に自己研鑽をしていける人
  4. 保健・医療・福祉サービスの質的向上を目指し、地域社会や国際社会に貢献したいという強い意志をもつ人
総合人間学部 生活心理学科

生活心理学科は、次のような人を積極的に受け入れたいと考えています。

  1. 生活科学と心理学の知識と技能を学び、社会生活に生かしたい人
  2. 学んだ知識と技能を用いて、主体的に多様な人々と協働して心豊かな生活を実現したい人
  3. 衣食住に関する専門的な知識と技能をもちいて、生活やビジネスや産業の場面で思考し、判断し、その成果を表現したい人
  4. 心理学に関する専門的な知識と技能をもちいて、カウンセラーや相談員、心理士としてさまざまな問題を思考し、判断し、表現したい人
  5. 公民・家庭科の教員、認定心理士、ピアヘルパー等の資格を取得して、それを社会で生かしていきたい人
総合人間学部 言語文化学科

言語文化学科では、次のような人を積極的に受け入れたいと考えています。

  1. 日本を含めたアジアや英語圏の言語・文化・歴史・社会に関心を持ち、国際的視野で物事を考え、判断し、表現する力を身につけたい人
  2. 異文化間の交流やその影響などに関心があり、様々な人々との交流や恊働を通じて主体的に学び、文化への理解を深めたい人
  3. 日本やアジアの言語と文化に関して、専門的な知識や技能を身に付け、それぞれの国や地域について発信したい人
  4. 英語と英語圏の文化に関する専門的な知識と技能を身に付け、国際的なコミュニケーションに役立つ英語運用能力を習得したい人
  5. 英語・国語の教員、学校図書館司書教諭、学芸員、司書、日本語教員資格等の資格を取得し、それを生かして活躍したい人
短期大学 食物栄養学科

食物栄養学科は厚生労働省指定の栄養士養成施設であり、「食」を通して人々の健康の保持・増進に貢献できる栄養士の養成を教育の柱としています。

食物栄養学科が求める学生像は次のとおりです。

  1. 「食」に関することに関心をもつ人
  2. 周りの人を思いやり、協調して物事に取り組める人
  3. 目標に向かって不断の努力ができる人
  4. 「食」を科学的に学び、「食」の面から社会に貢献したいと考える人
短期大学 幼児教育学科

幼児教育学科は、幼稚園教諭二種免許と保育士資格の取得及びそれらを生かして卒業後に社会貢献することのできる人材育成を目指しています。幼児教育学科が求める学生像は次のとおりです。

  1. 子どもや保育に関心があり、将来幼稚園教諭・保育士として社会に貢献したいと考えている人
  2. 免許・資格の取得に向けて意欲的に取り組むことのできる人
  3. 子どもの人格を尊重し、愛情を持って接することのできる人
  4. 自分の考えを持ちつつも人の意見に耳を傾けることのできる協調性のある人
  5. 基本的な生活習慣を身につけ、常識的な行動のとれる人
大学院 看護学研究科

本研究科では次に揚げるような人を望ましい学生像とし、積極的に受け入れたいと考えています。

  1. 看護学の基礎知識と総合的な学力を有し、豊かな人間性と高い探究心を持って、主体的に看護実践の向上に寄与できる人
  2. 高度専門職業人又は教育研究者として、看護学(知識および技能)の発展に貢献する意欲のある人
  3. 保健・医療・福祉の諸問題に積極的に取り組み、問題解決に向けた思考力や判断力を養いながら、研究を遂行できる人
  4. 高い倫理観を有し、地域社会に貢献する意思と責任感を持った人
助産学専攻科

本専攻科では、本学の基本理念である「愛と奉仕」を基盤として、女性と家族が安心して出産や育児ができ、生涯をとおして健康な生活が送れることの支援ができる助産師を育成します。

本専攻科では次に揚げるような人を望ましい学生像とし、積極的に受け入れたいと考えています。

  1. 命の誕生に真摯に向き合い、責任のある行動ができる力を持っている人
  2. 高い倫理観を持ち、誠実な態度で助産学を追究することができる人
  3. 人と人との関係性を大切にし,地域の母子保健の向上を目指すことのできる人
カリキュラムポリシー(教育課程の編成方針)
授業科目、授業の方法及び内容並びに年間の授業の計画に関すること。
看護学部 看護学科

本学教育の基本理念である「愛と奉仕」の精神をもとに、山陽スタンダード科目としての「知的生き方概論」「人間学」等の教養教育の重視、教養教育と専門教育の有機的連携が確保できるよう、教育課程を編成する。また、学科アクティブラーニング(主体的能動的学習)の導入により、教育研究・社会活動・地域貢献の活性化を目指す。

  1. 教育課程を「共通(全学・学部共通)教育科目」と「専門教育科目」に分け、専門教育科目をさらに「専門基礎科目」と「専門科目」に区分した。学年進行に伴って段階的に身につけるべき能力に対応できるよう、課程編成の主要概念を人間、健康、社会、環境、看護とする。
  2. 「共通教育科目」は、豊かな教養と人間愛を備え、科学的思考法を体得し、将来さまざまな看護場面に対応できるための基礎となる科目群を設定した。また初年次教育として、大学での学問に必要なスキルや、人間関係を確立するためのコミュニケーションなどを学ぶための科目を設ける。
  3. 「専門基礎科目」は、看護学を支持する科目で、人間、健康、社会、環境に関する理解を深め、健康、疾病、生活に関する理解に基づいた判断能力、調整能力が発揮できるための基礎となる科目群を設定する。
  4. 「専門科目」は看護学の知識・理論と技術を深めるもので、対象者の健康レベル、ライフサイクルに対応する看護に必要な知識・技術を修得するための科目群を設定する。特に、各看護学領域では、先ずそれぞれの看護学概論を学修した後に援助論・技術を学び、理論、知識、技術を統合するために臨地実習を行うよう構成する。
  5. 授業科目は上記の科目に加え、養護教諭一種免許に必要な科目(選択)を合わせた科目で構成される。
(学修の評価のあり方)

学修の評価は、シラバスに記載されている【成績評価の方法・基準】(筆記試験、論文、実技、出席状況等)に基づいて科目担当教員が行う。成績の評価は、100点を満点、60点以上を合格として単位を認定する。

(2年次生から3年次生への進級要件)

3年次科目を履修登録するためには、2年次後期までの看護師教育課程の必修科目の単位を修得し、かつ累積GPA値1.00以上又は前年度GPA値1.00以上でなければならない。

総合人間学部 生活心理学科

全学生が、建学の理念である「愛と奉仕」の精神を踏まえた、全学共通の必修である山陽スタンダード科目を学びます。2年次からは、心理学コースと生活科学コースにわかれます。いずれのコースでも、アクティブラーニングの科目が多数設定されています。4年間の学びにおいて、知識・技能や思考力・判断力・表現力等をどの程度身に付けたかを評価するだけではなく、それを使って主体的に多くの多様な人々と協働して物事に取り組める能力が、どのように身についているかを評価します。4年間のカリキュラムの構成の柱は、次のようになっています。

  1. 1年次には、山陽スタンダード科目「知的生き方概論・人間学」を履修します。それと並行して、人文科学、社会科学、自然科学、外国語、情報科目、スポーツなどの幅広い分野で構成された「共通教育科目」によって広い視野を培います。
  2. 1年次では、少人数の演習形式によるアクティブラーニング科目「基礎演習A」、「基礎演習B」を初年次教育として履修します。これら2科目で、大学生に必要な学習方法・研究方法の基礎と共生社会構築に必要な考え方や行動の仕方の基礎を学びます。
  3. 1年次にも、2年次以降のコース選択の際に役立つような、心理学や生活科学の基礎的な専門教育科目も設定されています。
  4. 2年次以降の専門教育科目で、それぞれの専門知識を身に付けるとともに、総合的な学習を展開する科目により、“実践的なコミュニケーション能力の向上”、“実際的な創造的思考力・問題解決力の向上”、“社会の一員としての自覚の醸成”、“チームワークの体験”等の学士力を培っていきます。
  5. 「社会人入門」「ビジネス実務論」「企業協働型ラーニング」「NLPビジネス心理実践学」「経営学・キャリア学基礎」「一般教養論」「インターンシップ」などの就職支援科目を充実させ、社会人になるために必要なキャリア教育を進めます。
  6. 学習の評価は、シラバスに記載されている【成績評価の方法・基準】(筆記試験、論文、実技、出席状況等)に基づいて科目担当教員が行います。成績の評価は、100点を満点、60点以上を合格として単位を認定します。
  7. 第1・2年次においては、52単位以上を修得し、かつ累積GPA値1.00以上又は前年度GPA値1.00以上でなければ、第3年次配当の授業科目を履修することはできません。ただし、修得単位数に自由科目の単位は含めません。
総合人間学部 言語文化学科

言語文化学科は、建学の理念である「愛と奉仕」の精神を基盤とし、言語理解だけでなく、異文化理解の深化を通じて、真の人間理解や、国際理解に基づいた共生社会の構築に貢献できる人材を養成することを目標としてカリキュラムを編成しています。

専門教育必修科目では、4年間を通して、思考力・判断力・表現力、コミュニケーション能力、異文化理解力を培います。この共通基盤の上に、「日本・アジア科目群」「英語科目群」「実習系・留学系科目群」の履修によって専門性を高め、国際化社会で必要とされる言語能力とコミュニケーション能力を備えた教養人の育成を目指します。

  1. 1年次には、山陽スタンダード科目「知的生き方概論」「人間学」を履修します。それと平行して、人文科学、社会科学、自然科学、外国語、情報科目、スポーツなどの幅広い分野で構成された「共通教育科目」によって広い視野を培います。
  2. 1年次には、少人数の演習形式による「基礎演習Ⅰ」「基礎演習Ⅱ」を初年次教育として履修します。これら2科目で大学生に必要な学習方法・研究方法の基礎と共生社会構築に必要な考え方や行動の仕方の基礎を学びます。
  3. 「基礎演習Ⅰ、Ⅱ」「文章表現法Ⅰ、Ⅱ」「口頭表現法」「特別演習」「卒業研究Ⅰ、Ⅱ」の履修を通して、課題を発見し、探求するための思考力や判断力を身につけ、その成果を文章や口頭で伝える表現力を育てます。
  4. 「コミュニケーション概論Ⅰ、Ⅱ」「異文化理解演習Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ」の履修により、コミュニケーションの基礎や、異なる文化を受容するための多様な価値観を学び、多文化共生社会において、多様な人々と恊働し、主体的に問題を解決する態度を育てます。
  5. 「日本・アジア科目群」「英語科目群」「実習系・留学系科目群」の履修により、専門分野を体系的に学ぶことができます。日本語、中国語、ハングル、英語の運用能力を習得し、その言語の背景となる地域の社会、歴史、文化の成り立ちを理解します。
  6. 地域や国内、ひいては国際社会での貢献など、目指す分野や卒業後の希望進路に応じて科目を履修し、必要な単位を修得します。
  7. 「社会人入門」「ビジネス実務論」「企業協働型ラーニング」「NLPビジネス心理実践学」「経営学・キャリア学基礎」「一般教養論」「インターンシップ」などの就職支援科目を充実させ、社会人になるために必要なキャリア教育を進めます。
  8. 学習の評価は、シラバスに記載されている【成績評価の方法・基準】(筆記試験、論文、実技、出席状況等)に基づいて科目担当教員が行います。成績の評価は、100点を満点、60点以上を合格として単位を認定します。
  9. 第1・2年次においては、52単位以上を修得し、かつ累積GPA値1.00以上又は前年度GPA値1.00以上でなければ、第3年次配当の授業科目を履修することはできません。ただし、修得単位数に自由科目の単位は含めません。
短期大学 食物栄養学科

「愛と奉仕」を教育理念とし、高い教養と専門的な知識や実践的な技能を身につけ協働して社会に貢献できる人材を育成するため、以下の方針に沿ってカリキュラムを組み立てています。

  1. 学生と教員とのコミュニケーションを大切にした授業を行う。
  2. 実習やボランティア活動に重点をおき、能動的な学びの中で、問題解決力、自己管理能力やチームワーク力、リーダーシップ力等を育てる。
  3. 栄養士免許取得に必要な専門教育科目は、専門基礎科目から専門科目へと体系的に開講する。
  4. 初年次教育科目として「知的生き方概論」および「一般教養基礎」を設け、短期大学教育への円滑な導入を図る。
  5. 「社会人入門」等のキャリア教育科目を通じて、栄養士としてのあるべき社会的役割を学ぶ。
  6. 学修の評価は、授業概要(シラバス)に記載されている【成績評価の方法・基準】(筆記試験、論文、実技、出席状況等)に基づいて科目担当教員が行う。成績の評価は、100点を満点、60点以上を合格として単位を認定する。
短期大学 幼児教育学科

「愛と奉仕」を教育理念とし、高い教養と専門的な知識や実践的な技能を身につけ、協働して社会に貢献できる人材育成を目途とし、カリキュラムを組み立てています。

  1. 学生と教員とのコミュニケーションを大切にし、学生参加型の授業を行う。
  2. 実習やボランティア活動に重点をおき、実践的な学びの中で、自己管理能力やチームワーク力、リーダーシップ力等を育てる。
  3. 食物栄養学科との学科間交流を推進し、「保育のわかる栄養士」「食のわかる保育者」の育成に努め、幅広い視野に立った学びを展開する。
  4. 初年次教育科目として「知的生き方概論」及び「一般教養基礎」を設け、短期大学教育への円滑な導入を図っていく。
  5. 「社会人入門」等の科目によりキャリア教育を重視し、専門職としての取組みやあるべき社会的役割についても学ぶ。
  6. 学修の評価は、授業概要(シラバス)に記載されている【成績評価の方法・基準】(筆記試験、論文、実技、出席状況等)に基づいて科目担当教員が行う。成績の評価は、100点を満点、60点以上を合格として単位を認定する。
大学院 看護学研究科

教育理念・教育目的に基づき、本研究科は、高度な専門的知識・能力を有する看護実践者および、創造性豊かな優れた研究・開発能力を持つ教育・研究者および、精神看護専門看護師の養成を目的に教育課程を編成した。

「地域住民と共に健康的コミュニティを創造する中で、人々の健康を実現するための、知識・技術の開発や方法を探求する」ための教育課程とし、「共通科目」と「専門科目」に区分し、専門科目には「看護学研究コース」と「精神看護CNSコース」を設置した。

なお、「看護学研究コース」では看護学の教育・研究者および高度な教育成果を活用し、地域で活動する看護実践者を育成する。また「精神看護CNSコース」では、精神看護学分野において、総合的な判断力と組織的な問題解決力をもって活動し、精神看護実践の発展に貢献できる専門看護師(CNS)の育成を目指す。

(1) 共通科目

共通科目は、看護学分野に関する基礎的素養を涵養する科目及び、専門的知識・技術の向上や開発などの研究活動を展開するための10科目を配置した。それらは、生命への尊厳と人間理解を深め、看護職が直面する倫理的課題への対応及び看護に関する諸理論を探求する「看護倫理」「看護理論」、高度看護実践者として活動する上で必要な「臨床薬理学」「病態生理学」「フィジカルアセスメント」である。

さらに質の高い看護サービスの改革および、社会の健康問題に関する対応策に積極的に関与し、看護学を発展させることのできる人材を育成するため、「看護研究」「看護教育論」「看護管理論」「コンサルテーション論」を配置した。また、国際的な視点から医療・看護を探求する「国際医療論」を設けた。

(2) 専門科目

専門科目は、高度な専門的知識・能力を持つ看護専門職を担うための卓越した能力を培い、学生自らが看護学を研究していく上で必要な能力、技法を修得するための科目である。地域の看護職のための専門的教育研究を中核とし、さらに精神看護学における高度な専門能力の獲得を目指す看護職のための精神看護CNS科目を設定する。つまり専門科目では、高度な専門的知識・能力を持つ看護専門職を担うための卓越した能力を培い、学生自らが看護学を研究していく上で必要な能力、技法を修得し、看護学の実践分野で指導的役割を果たすため、「看護学研究コース」と「精神看護CNSコース」の2コースを設定した。

それぞれの看護学に特論と特論に基づく演習を配置し、各看護学の高度な専門的知識・技術を学ぶこととした。つまり、総論から各論へ実践的な専門的知識・技術を段階的に修得できるように科目を配置した。

特論では、各看護学の対象や問題に焦点を当てその特性および課題と解決方法を創造的・先駆的に探求するための方法論、システム形成、資源開発、連携、ネットワーク等について探求する。また演習では、文献探索と批判的講読、グループワーク等により看護実践における現状の理解と課題の発見、探求を行う。

(学修成果の評価のあり方)

レポート課題の提出や課題に対するプレゼンテーション等を通じて学生自ら学習への取り組みの成果を示すことができること、及び学生から示されたそれらの成果の内容が学修の成果として認められることをもって、学修成果の評価を行う。

助産学専攻科

修了証書授与に要求される能力を修得するために、助産学専攻科は、以下の方針でカリキュラムを編成する。

〈助産における倫理的課題に対応する能力〉〈マタニティケア能力〉〈性と生殖のケア能力〉〈専門的自律能力〉を主機能として、「助産学基礎領域」「実践助産学」「助産学関連領域」を設定して科目を配置する。

  1. 「助産学基礎領域」8科目は、助産学の基礎となる知識として概念や、倫理、人権について学び、助産師に求められる能力として〈助産における倫理的課題に対応する能力〉〈マタニティケア能力〉〈性と生殖のケア能力〉を培い、助産師としてのアイデンティティの基礎を築く科目群を設定した。
  2. 「実践助産学領域」13科目は、助産診断・技術を学び、助産ケアと助産管理、地域母子保健についても知識と技術を修得できるように配置した。助産師に求められる能力として〈助産における倫理的課題に対応する能力〉〈マタニティケア能力〉〈性と生殖のケア能力〉〈専門的自律能力〉を培い、自律した助産活動が実践できるように講義・演習・実習科目を設定した。
  3. 「助産学関連領域」3科目は、助産実践を行うための女性のセルフケアの向上を目指し、女性とその家族のライフサイクルにおける課題に対応するための助産活動に必要な知識・技術を修得する科目群を設定した。
  4. 学習過程においては、グルー プ討議や課題学習、結果の発表などのアクティブラーニングを実施する。
(学修成果の評価のあり方)

定期試験による総合評価、OSCE(Objective Structured Clinical Examination 客観的臨床能力試験)による技術到達度評価、レポート課題の提出や課題に対するプレゼンテーション等を通じて学生自ら学習への取り組みの成果を示すことができること、及び学生から示されたそれらの成果が学修の成果として認められることをもって、学修成果の評価を行う。

ディプロマポリシー(卒業認定・学位授与に関する方針)
学修の成果に係る評価及び卒業又は終了の認定に当たっての基準に関すること。
看護学部 看護学科

学力向上のため、入学前学習の指導・初年次教育・キャリア教育・専門教育・国家試験対策・就職支援までの一貫した系統的学習を終了し、学修成果が認められることにより学位(看護学)を授与する。

  1. 幅広い教養を基盤とした豊かな人間性と倫理観を備え、コミュニケーション能力を十分に修得し、実践できること。
  2. 看護学に関する専門的知識・技術を修得し、あらゆる健康レベルや場における、科学的根拠に基づく的確な判断能力と問題解決能力を培い、これらを基盤とした看護実践能力を身に付けたと認められること。
  3. 医療の高度化・複雑化・多様化に対応し、科学的かつ最新、最善の看護を実践するため、専門性の深化や役割の広がりに応じ継続的に自己研鑽できると認められること。
  4. チーム医療の推進や職種間との役割分担・連携の進展に対応し、看護の専門性と役割を認識し、職種間の協調性と調整能力を身につけたと認められること。
  5. 地域における保健・医療・福祉ニーズを見極め、地域住民の健康生活を支援できる能力を体得したと認められること。
(卒業要件)

本学部を卒業するためには、4年以上在学し、かつ「共通教育科目」「専門基礎科目」「専門科目」の区分ごとに定められた単位数を修得し、全体で「卒業するために必要な総単位数」以上を修得していることが必要となる。

総合人間学部 生活心理学科

アドミッションポリシーを十分に理解して入学し、カリキュラムポリシーに沿って設定された授業科目を学び、学則に定める所定の単位を修得した学生には、卒業を認定し「学士(生活心理学)」の学位を授与します。学位を授与される学生は、次の学修成果が認められることになります。

  1. 全学共通の必修である「山陽スタンダード科目」と各学科の実践科目の修得を通して、「愛と奉仕」の理念を学ぶとともに、国際社会や地域社会で積極的に貢献できるような実践力を身につけたと認められること。
  2. 専門分野の知識や技能だけでなく、社会人としてより良い人間関係を構築するための基礎的な教養や優れたコミュニケーション能力を身につけ、幅広い視野と多面的な思考力により、客観的な認識力や判断力を養ったと認められること。
  3. 正規カリキュラムでの学びに加え、大学が推進するボランティアを中心とした課外活動への参加を通して、多様化した現代社会の複雑な課題や人々の生活の質(QOL)の向上に対して、柔軟で創造的に対処できる能力を体得したと認められること。
(卒業要件)

本学部を卒業するためには、4年以上在学し、かつ「共通教育科目」「専門教育科目」の区分ごとに定められた単位数を修得し、全体で「卒業するために必要な総単位数」以上を修得していることが必要となる。

総合人間学部 言語文化学科

アドミッションポリシーを十分に理解して入学し、カリキュラムポリシーに沿って設定された授業科目を学び、学則に定める所定の単位を修得した学生には、卒業を認定し、「学士(人文学)」の学位を授与します。学位を授与される学生は、次の学修成果が認められることになります。

  1. 全学共通の必修である「山陽スタンダード科目」と各学科の実践科目の修得を通して、「愛と奉仕」の理念を学ぶとともに、国際社会や地域社会で積極的に貢献できるような実践力を身につけたと認められること。
  2. 専門分野の知識や技能だけでなく、社会人としてより良い人間関係を構築するための基礎的な教養や優れたコミュニケーション能力を身につけ、幅広い視野と多面的な思考力により、客観的な認識力や判断力を養ったと認められること。
  3. 「基礎演習Ⅰ、Ⅱ」「文章表現法Ⅰ、Ⅱ」「口頭表現法」「特別演習」「卒業研究Ⅰ、Ⅱ」の履修を通して、課題を発見し、探求するための思考力や判断力を身につけ、その成果を文章や口頭で伝える表現力を養ったと認められること。
  4. 「コミュニケーション概論Ⅰ、Ⅱ」「異文化理解演習Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ」の履修を通して、コミュニケーションの基礎や、異なる文化を受容するための多様な価値観を学び、多文化共生社会において、多様な人々と恊働し、主体的に問題を解決する態度を身につけたと認められること。
  5. 選択した科目の履修により、各言語の運用能力を身につけ、その言語の背景となる地域の社会、歴史、文化の成り立ちが理解できていること。
短期大学 食物栄養学科

専門的な知識・技能・実践力を備えた人材の育成を目指し、卒業までに身につけるべきこととして次のことがあげられます。

所定の単位を修得した場合には、卒業を認定し、短期大学士の学位が授与されます。

  1. 「食」の面から人々の健康の維持・増進に貢献できる。
  2. 「食」についての幅広い知識と実践力をもつ。
  3. 「食」に関する様々な情報について科学的に思考し、判断できる。
  4. 責任感を持ち、周囲と協力して仕事を進めることができる。
(卒業要件)

本学部を卒業するためには、2年以上在学し、かつ「一般教育科目」「専門教育科目」の区分ごとに定められた単位数を修得し、全体で「卒業するために必要な総単位数」以上を修得していることが必要となる。

短期大学 幼児教育学科

専門的な知識・技能・実践力を備えた人材の育成を目指しており、卒業までに身につけるべきこととして次に挙げることが求められます。所定の単位を修得した場合には、卒業を認定し、短期大学士の学位が授与されます。

  1. 専門分野の幅広い基礎知識と実践力をもつ。
  2. 「愛と奉仕」の精神を保育の専門職として具現化していくことができる。
  3. 問題を発見し、他者と協働しながら創造的に問題を解決していくことができる。
  4. 「講義」「演習」「実習」での学びやボランティア活動を通して、専門職としての職業人の教養を身につけ、社会に貢献できる。
大学院 看護学研究科

看護学研究科に2年以上在学し、修了要件となる単位を取得するとともに、修士論文または課題研究論文の審査および最終試験に合格し、以下の要件を満たす者に学位(修士(看護学))を授与する。

  1. 高度な専門的知識、倫理性を有し、質の高い看護実践ができる。
  2. 看護学の専門分野に関する研究に取り組み、看護学の進展に貢献できる。
  3. 高度な看護実践、教育・研究活動をとおして地域社会へ貢献できる。
  4. 看護学の発展に寄与することができる内容の修士論文(特別研究または課題研究)を作成することができ、またその内容について社会に還元できる。
助産学専攻科

助産学専攻科は,女性と家族のライフサイクル全般において、安全で質の高い助産実践能力を培い、地域社会、国際社会の母子保健に貢献できる助産師の育成を目指している。以下のような能力を身につけ、かつ所定の単位を修めたものに対して修了証を授与する。

  1. 助産実践の対象となる全ての人に対して、敬意を持ち、温かく接すことができ、倫理的な態度で人と人との関係を築くことができる。
  2. 高度化する周産期医療に対応できる専門的知識と、技術を持ち,安全で対象者のニーズを満たすことのできるケアが提供できる。
  3. 助産師として女性の各期のリプロダクティブヘルス/ライツに関するアセスメント支援ができ、地域の母子保健に貢献できる。
  4. 自立した助産師としての責任と使命を認識し、変化のある社会において、生涯にわたり、自己研鑽ができる

校地、校舎等の施設及び設備に関すること

キャンパス

授業料、入学料その他の大学が徴収する費用に関すること

大学が行う学生の修学、進路選択及び心身の健康等に係る支援に関すること

進路選択支援(就職情報)
心身の健康等に係る支援(心と健康のサポート)
留学支援

財務状況及び事業報告書

教員の養成の状況についての情報の公表

教育職員免許法施行規則第22条の6に基づき、教員の養成についての情報を次のとおり公表します。

①教員の養成の目標及び当該目標を達成するための計画に関すること。
  ・看護学科
  ・生活心理学科
  ・言語文化学科
  ・幼児教育学科

②教員の養成に係る組織及び教員の数、各教員が有する学位及び業績並びに各教員が担当する授業科目に関すること。
  ・教員紹介
  ・教育研究上の基本組織に関すること

③教員の養成に係る授業科目、授業科目ごとの授業の方法及び内容並びに年間の授業計画に関すること。
  ・総合人間学部履修ガイド(抜粋)
  ・看護学部履修ガイド(抜粋)
  ・短期大学履修便覧(抜粋)

  ・シラバス

④卒業者の教員免許状の取得の状況に関すること。
  ・取得状況一覧表

⑤卒業者の教員への就職の状況に関すること。
  ・就職状況一覧表

⑥教員の養成に係る教育の質の向上に係る取組に関すること。
  FD活動の一環として、教職課程科目も含めた全学的な授業評価アンケートの実施と
  アンケート結果の教員へのフィードバック、また、教員相互の授業参観などを実施し、
  教育の質の向上に取り組んでいます。